• 交通事故に遭った方へ
  • 当院が行う交通事故専門治療とは?
  • 病院と接骨院って何が違うの?

堀田接骨院院長ブログ

2013年8月20日 火曜日

こむら返りの患者さんが増えています。

お盆を過ぎても暑い日が続いていますが、皆様は夏バテしてませんか?
朝晩だけでも涼しくなると過ごしやすくなるのですが、この暑さはまだまだ続きそうですね!


最近の患者さんの症状で、こむら返りを起こして歩き辛い、歩けない、と訴えられる方が増えています。
話を伺うと、軽い熱中症の疑いがありましたので、その対処を指導しながら、こむら返りを起こした患部の治療をしました。熱中症には、十分に気を付けてください。

(熱中症とは)
高温・多湿の環境で作業や運動をしているときに、体内の水分やナトリウム等のバランスが乱れ、体温の調整機能が働かなくなり、様々な症状を起こす病気です。家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために熱中症になる場合があります。

(症状)
めまい・立ちくらみ・こむら返り・頭痛・吐き気・体がだるい・集中力や判断力の低下・
重症になると、意識障害(問いかけに答えられない)や運動障害(普段通り歩けない)等

(対処)
涼しい場所へ移動・安静・水分と塩分の補給・体を冷やす。
自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く動けない時は、直ちに救急車で病院へ

特に子供は、体温調整機能が未熟なため、罹りやすい。
高齢者は、体温を下げるための体の反応が弱くなっており自覚がないのに熱中症になる危険がある。

熱中症は予防できる病気です。よく知り、しっかり予防しましょう。



投稿者 堀田接骨院