• 交通事故に遭った方へ
  • 当院が行う交通事故専門治療とは?
  • 病院と接骨院って何が違うの?

堀田接骨院院長ブログ

2012年11月27日 火曜日

PNFセミナー受講

11月24日(土)PNFのセミナーを受講して来ました。
第一回のセミナーから、3年近くになりますが毎月1回の受講ではなかなか身に付かず、受講生で集まり勉強会(復習)をしながら、最近になってやっと少しずつ実践で使えるようになってきました。
PNFは米国の理学療法士であるハーマンカバト氏によって研究開発され、実践の歴史としては50年が経過しています。和名では「固有受容性神経筋促通手技法」と呼ばれています。
簡単に言えば、内的な刺激を外的なアプローチにより発生させ、その内的刺激を中枢神経に伝えることを基本とした方法で、大変に奥の深い手技であり、高度(研ぎ澄まされた感覚)な技術が必要な治療です。

投稿者 堀田接骨院 | 記事URL

2012年11月20日 火曜日

肘関節脱臼の男児 (時間外診療)

11月17日(土)午後8時30分頃、4歳の息子さんを診て欲しい、と問い合わせの電話がありました。
話を伺うと、ふざけていて息子さんの手を引っ張ってしまったそうです。
その直後から「肩が痛い」と泣き叫び、腕も上がらない状態とのこと。直に来て頂き、診てみると肩ではなく肘がはずれていました。(小児の場合、骨・靭帯形成が未熟の為、手を強く引っ張ると肘がはずれることがあります。)その場で整復(脱臼した関節を元に戻す操作)し、腕が上がることを確認し、無事に笑顔で帰られました。

急患の方は、時間外・休日でも留守でない限り診療させて頂きますので、電話で問い合わせ下さい。

投稿者 堀田接骨院 | 記事URL

2012年11月15日 木曜日

朝の挨拶運動

11月14,15日の二日間、津島市立神守中学校の朝の挨拶運動(7:45~8:20迄)に参加してきました。
14日は、お天気も良く外に立っていても気持ち良かったのですが、15日はあいにくの雨、気温もぐっと下がって5℃、油断して薄着で出掛けてしまい少し鼻水を垂らしながらの参加になりました。
この2日間は、後期の中間テストのため子供たちは少し緊張気味? でも元気よく挨拶をしてくれました。中には恥かしげに、うつむき加減に挨拶してくれる子、声が小さいのでこちらまで届かない子、様々ですがこちらも子供たちに負けない様に、どんどん声が大きくなっていきます。
朝から大きなこえで挨拶することは、とても気持ちの良い事ですね。
次回、御一緒にどうですか?

投稿者 堀田接骨院 | 記事URL

2012年11月13日 火曜日

セミナーを受講してきました。

11月11日(日)丹羽郡扶桑町の「あいち腰痛オペクリニック」にて東北大学名誉教授、国分正一先生の「K点症候群:非特異的疼痛の評価と治療」と藤田保健衛生大学 脳神経外科 脊椎外科 客員教授で伊藤整形・内科あいち腰痛オペクリニック理事長、伊藤不二夫先生の「脊椎ドックの重要性と1~2泊 低侵襲脊椎手術の夜明け」の講演を受講して来ました。
国分先生は、「腰や背中の痛みの原因は、とかく骨や神経の異常と考えられがちですが、筋肉の緊張の異常で痛みの出るケースも多く見られます。患者さんを眼で見、手で触れて、初めて正確な診断が可能です。」と、まづはきちっとした診断をすること、そしてどの治療が患者さんにとって最良かを考えることから話を始められました。
筋肉の緊張に由来する痛みに対しては、K点治療がとても有効であり、実際に会場で治療を受けられた方は、痛みが楽になったと言われました。
今後も、K点治療について勉強していきます。

投稿者 堀田接骨院 | 記事URL

2012年11月 9日 金曜日

車 × 車 30代 女性(妊娠6ヶ月)

10月初旬に、ご主人が運転される車の助手席に乗っていて、後ろから追突された女性が来院されました。
話を伺うと、現在妊娠6ヶ月とのこと。お腹の子が心配だったのでまず産婦人科で検査をし、落ち着いたところで御自分の首に痛みがあることに気が付かれ、当院を受診されました。
事故の場合、気が動転してしまい御自分の痛みに気づかれず、後に痛みがでる方がよくお見えです。精神的に極度の緊張を強いられると、誰にでも起きうる状態です。
現在は、痛みも7割方快方に向かっています。

妊娠中の方にも、安心して治療に専念して頂ける環境を整えていますので、ご相談下さい。


投稿者 堀田接骨院 | 記事URL