• 交通事故に遭った方へ
  • 当院が行う交通事故専門治療とは?
  • 病院と接骨院って何が違うの?
交通事故・むち打ちナビ@津島トップ > 交通事故にあったらどうすれば?

交通事故にあったらどうすれば?

交通事故にあった時はどうしたらいいの?

交通事故にあった時はどうしたらいいの? 交通事故によるむちうち症などの痛みや症状の治療の専門家である 堀田接骨院にまずはお気軽にご相談ください!
  • 仕事が終わった後でも通院できるの?
  • 交通事故後の保険会社とのやりとりが分からない…
  • 手続きが面倒でよくわからない… など些細なことからなんでもまずはお気軽にご相談ください。

事前にお電話頂ければ、時間外も診療などの対応も致します。

交通事故に遭った場合に行うこと、通院までの流れ

一旦車を停め、道路上の安全確保を行う。

周囲の安全確認をし、直ちに降車してケガ人の保護をしましょう。重症である場合は一旦道路外などの安全な場所へ運びだし、周りの方と協力してケガ人を保護に努めましょう。

警察や保険会社へ連絡

道路交通法により、警察への連絡は義務となっています。まずはしっかりと警察への通報を行いましょう。
また自身が契約中の保険会社へ連絡も同時におこないましょう。

相手(加害者)の身分証明を確認、住所、氏名、車のナンバーをできる限り確認しておきましょう。

相手方の身分証明となるものや連絡先、勤務先、保険会社名も確認、メモしておきましょう。また、数日経ってから後遺症などの痛みが生じるケースも多いため、この時点での示談交渉は控えましょう。

実際事故を起こした事故現場の場所を確認。写真を撮っておきましょう。

可能であれば、目撃者がいる場合にはその方の連絡先、現場の写真(車の損傷部分など)をケータイなどのカメラで残しておくことをお勧め致します。なぜなら、後々トラブルとなった際に、ご自身の助けとなってくれる証拠となるからです。

被害届を出しておきましょう。

基本的には加害者側に届出義務がありますが、届出されているとは限りません。
被害者も忘れずに行いましょう。
そうすれば、保険金請求の際に必要な『交通事故証明書』が発行されます。

「大きな怪我はない」というので、油断は禁物!まずは当院にご来院ください。

自分で、「大したことないから特に通院しなくてもいいや」といった勝手な判断はやめましょう。
数日後に痛みや後遺症を残す方が多くらっしゃいます。
堀田接骨院は交通事故治療の専門家ですので、まずはご相談ください。

保険会社の方に堀田接骨院へ通院する旨を伝える。

保険会社の方に、堀田接骨院へ通院する意思を伝えてください。
通院する医療機関や接骨院はご自身で決めることができます。

当院へ通院後、病院でレントゲン等の検査

当院にご来院頂いたら、今後の流れをご説明いたします。その後必要であれば当院で提携している病院にて詳細な検査を受けて頂くことも可能です。ご来院頂いたら診断書を発行しますので、そちらを警察へ提出するようにしましょう。提出しなければ人身事故扱いにしてもらうことができません。診断書をしっかりと提出すれば自賠責による保険請求ができるようになります。

当院へのご来院から交通事故治療の流れ

お電話及び直接のご来院 お電話及び直接のご来院

堀田接骨院へ通院、治療をご希望の方はお電話頂くか、そのままお越しください。
お越しになる際に、以下の情報をご用意頂くとスムーズです。

☑保険会社の情報(連絡先、担当者名)
☑既に病院にかかられた方は、診断書に記載の傷病名

問診表の記入 問診表の記入

交通事故が起きた時の状況や現在の身体の状態、怪我の症状を詳細にお伺いし、問診をしていきます。

触診 触診

実際に専門の治療家による触診(身体に触れながら痛みや違和感を感じる箇所の確認)を行っていきます。
腕や肩、首などを動かしながらテストや検査を行った上で、患者様に合わせて施術計画を御提案致します。

治療開始 治療開始

施術計画が決定したら、実際に治療を開始していきます。
当院では、施術実績が豊富な院長による患者様に合わせたオリジナル治療メニューで早期回復を目指します。

堀田接骨院の事故の専門治療はこちら

治療終了 治療終了

徐々に症状が改善していき、普段の生活の中で特に異常がない状態になれば、治療は終了となります。
治療期間には個人差がでてしまいますが、おおよそ3か月くらいが一般的です。
保険会社へ治療終了の連絡をし、後日示談内容書が届きますので、そちらを確認し問題なければ終了です。